ごあいさつ

中大路薫

こんにちは。ようこそ、「花贈り」のフラワースクールのホームページにへお越し下さいました。
私が「花贈り」を主宰しております、中大路薫と申します。

このページでは、ごあいさつと致しまして何故私がフラワーアレンジメント教室をはじめたきっかけについて簡単にご説明させていただきます。

昔、私も趣味で生け花を習い、その後もっとたくさんのお花を使いたいと思いカルチャーセンターで開催されていた、趣味のフラワーアレンジ教室へ通うことにしました。

そんなおりに、一生続けられる仕事がしたいと思い、そのときに一番楽しかったお花の仕事をしたいと思うようになりました。

求人広告を見て、お花屋さんで働きだします。
お花屋さんで働きながら、もっと色んなアレンジがしたいと思い、本格的なフラワースクールへ通いだします。

しばらくお花屋さんとスクールだけの生活をしていたのですが、ある時知り合いのお花の先生のお手伝いをすることがあり、その時に教えることの喜びを知ったのです。

お花屋さんでは、買い来られたお客様にその方の思い通りのものを提案・提供するということが重要になります。

でも、教えるということはそれぞれの人が自分で花を眺め、触り、自分の想いで花を生けることが出来ます。

花は人が作ったものよりも自分で作ったほうが想いがこもります。家で飾るにしても愛着がわきます。そして、本当にその作業の中で、作った本人が癒されます。

これだと思いました。
私が花や緑を通して伝えたいのは、このことです。
たくさんの人に、花を触り、形作る喜びを知って欲しいと思います。

お花の仕事をしたいあなたへ ~ビジネスコースについて~

お花屋さんで勤めたり、フラワースクールに通ったりして、気づいたことがあります。
お花の世界は、見た目の華やかさと違い、とても厳しい世界ということです。

お花屋さんでは、職人の世界です。スクールでは家元制度の世界です。
(もちろん、全てのところがそうではないのですが…)

どちらにしても、長い時間掛けて、修行を積まないといけません。
お花が好きで、お花を触りたくて、仕事にしたいと思ってこの世界に飛び込んでも、その厳しさについていけず、離れてしまう人が多いのです。

また、若いときは働いていたけど年齢を重ねると共に体力的に無理になったり、他の仕事と比べるとお給料が少ないため金銭的に無理になり、離れてしまう人もたくさんいます。

好きなだけではなかなか続けられない仕事かも知れません。
でも、それでも何かお花に携わりたい。

女性が家庭を大切にしながら、好きなことを仕事にする。
理想を実現する方法がここにあります。

OLをしながら、週末だけお花の先生になることも出来ます。
年を重ねて、老後の楽しみとして教室をすることが出来ます。

今までやりたかったけど、出来なかった夢が実現するのです。
私は、そんな夢のある人達のお手伝いをしたいと思っています。

中大路 薫